Home > 婦人科 > 生理痛・生理不順

婦人科

生理痛・生理不順

快適な生活を送るために。

毎月の生理のつらさを、「女性だから仕方ない」と思っていませんか?
でも、自分にとってそれが不快な症状だったり、以前の自分と比べて生理の変化を感じたら、まずは診察にいらしてください。生理痛や生理不順を早めに解消して、快適な生活を取り戻しましょう。

生理痛

生理痛は、全く感じない人もあり、逆に痛くて寝込んでしまう人もいます。とても個人差があるのですが、腹痛や腰痛、頭痛や吐き気など、さまざまなつらい症状をひき起こすことも多くあります。生理痛がひどい状態を月経困難症といいます。

月経困難症は、子宮内膜症で引き起こされることがあります。子宮内膜症は、放置すると生理痛がひどくなったり、不妊の原因になったり、卵巣が腫れて手術を要する状態になることがあります。たかが生理痛と辛抱せずにご相談ください。

治療例
  • 1. まず月経時に鎮痛剤を投与し、痛みが軽減するかどうかを観察します。
  • 2. 鎮痛薬だけでは十分な効果が得られない時は、低容量ピルを勧めています。
  • 3. 低容量ピルに対し、心理的に抵抗感がある方には、漢方薬も処方できます

月経不順

毎月訪れる月経。「わずらわしい」と感じる女性も多いようですが、月経は自分のからだと向き合える絶好のチャンスでもあります。(毎月、月経が規則的に訪れるのは、女性ホルモンが滞りなく分泌されて子宮や卵巣が健康であるという証拠です)
月経異常の裏には思わぬ病気が隠れていることもありますから、月経を体調のバロメーターとして女性ならではの健康管理をしてはいかがでしょうか。基礎体温を測ることもお忘れなく!

治療例
  • 1. 超音波検査で出血の原因がないか検査しがん検診やホルモン的な異常が無いか検査します。
  • 2. 月経周期の乱れは、ホルモン剤を投与することにより、生理周期を正常に戻していきます。

生理日変更

楽しい旅行やスポーツも生理と重なってしまうと憂うつですね。生理の予定日を調整することができるのはご存知の方も多いと思いますが、安易な調整は身体に悪い影響を及ぼす場合もあります。渡辺産婦人科では個人に適した調整を行っております。

生理を遅らせる場合
生理の予定日の5日前から延長を希望する日まで、中容量ピルを1日1錠服用します。服用中は生理がこないので、生理の周期が長くなり、予定の生理を遅らせることができます。ご希望の方は、予定の生理の5日前までにご来院下さい
生理を早くする場合
生理の開始日から数えて7日目から、中容量ピルを1日1錠7日間服用します。これで生理の周期が短くなり、次回の予定の生理を10日間以上早めることができます。生理日を調節した場合、その次の生理は調節した生理から数えて大体いつもの月経周期で始まります。

ページの先頭へ

診療時間

月~土
9:15~13:00
月・水・金
17:00~19:30

休診日:祝祭日、月末最終日午後

医院情報

医療法人社団 渡辺産婦人科
〒520-3027
滋賀県栗東市野尻435
TEL. 077-551-1331
FAX. 077-551-1343