Home > 婦人科 > 子宮がん健診

婦人科

子宮がん健診

あなたの体ををまもるために、年に一度のがん検診を受けましょう。

我が国における女性のがんで、一番多いのが胃がん。2番目に多いのが子宮がんです。
子宮がんには、子宮の入口(子宮頸部)にできる「子宮頸がん」と、子宮の中(子宮体部)にできる「子宮体がん」があります。

子宮頸がんの原因は、性行為で感染するヒトパピローマウィルスとされています。
一方、子宮体がんは、不妊、月経不順、妊娠経験のない人、糖尿病、高血圧、肥満傾向の人に多く見られます。初期症状は、おりもの・不正出血などです。

近年では治癒率が非常に良好になってきている子宮がんですが、一方では難治性の進行がんも依然として存在しています。
どちらのがんも、早期に発見すれば、ほぼ100%治すことができるといわれています。やはり鍵を握るのは、子宮がん健診による早期発見・早期治療です。上記の症状がある方は早期に、自覚症状がなくても1年に1度は、がん検診を受けてみましょう。

子宮頸がん

子宮の入り口である頸部の上皮から発生。

日本人に多い子宮頸がん。技術が進歩し、早期発見と治療によってほぼ治るといわれています。これは子宮の入り口付近にできる癌で、ゆっくりと進行することが多く、早期に発見すれば回復力は高まります。検査では、がんになる前の異型細胞の段階から発見、診断することができます。

渡辺産婦人科での 検査方法
子宮頸がんで行う擦過細胞診は、子宮頸部から綿棒で子宮頸部粘膜を少しこすり、その中に異型細胞があるか、それが悪性の可能性があるかを顕微鏡で調べます。

子宮体がん

子宮の奥にあたる体部のうちの内膜から発生。

子宮体部癌は近年増加しています。中高年者の発症が多いのですが、若年者の発症も徐々に増加しており十分な注意が必要です。子宮体部がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように胎児を育てる子宮の内側(子宮の奥の部分=子宮体部)にある子宮内膜から発生する病気で、閉経後に発病することの多い癌です。

渡辺産婦人科での 検査方法
子宮内膜は子宮の奥にあるので、専用のブラシで採取します。多少の痛みと少量の出血がありますが、痛みはじきにおさまり、出血1〜2日ほどで止まります。

ページの先頭へ

診療時間

月~土
9:15~13:00
月・水・金
17:00~19:30

休診日:祝祭日、月末最終日午後

医院情報

医療法人社団 渡辺産婦人科
〒520-3027
滋賀県栗東市野尻435
TEL. 077-551-1331
FAX. 077-551-1343